2013年4月アーカイブ

 

名古屋に出張の際、名古屋のM性感で痴女に責められ、弄られてからすっかりM性感・痴女ファンになった風俗大好きサラリーマンです。

 

結婚はしているのですが、狭いマンションの一室で、妻に「俺を責めてくれ!」とも言えず、少ないお小遣いの中からM性感に通費用を捻出しています。

 

名古屋は出張でしか利用する事がなく、地理に疎い私はホテルまで来てもらえるデリバリー型のM性感店を見つけ通わせて頂いています。高級店でサラリーの私には厳しいのですが、その分在籍女性のルックスレベルや痴女レベルが高いのです。

 

早速、妻に出張の話とお小遣いをお願いし、名古屋のM性感店で遊ぶ事にしました。一通りM性感を経験した私ですが、まだまだ開発されていない部分もあると思っていたのです。男の潮吹きやアナル責めは経験しているのですが、どうも毎回しっくりこない点があったのです。

 

その話を痴女に話したところ、「まだまだ自分が何で興奮するのか、ちゃんとわかってないのよ。」と言われました。3年間もM性感通いをしていている私にその言葉はショックでしたが、この痴女のお手並みを拝見する事にしたのです。

 

この名古屋痴女は僕の身体をまさぐり、男性ホルモンを分泌させるそうなツボを押したりしてきました。乳首や睾丸だけではなく、足の親指や付け根部分、お臍周辺を揉んだりと今までの性感マッサージと異なる手法を取り込んできました。

 

そこにフェザータッチで包み込むように私の身体を触り、初めて得られるような快感を味わう事ができたのです。

 

「○○さんの性感帯はきっとこの辺りね。」と彼女は笑みを浮かべながら、膝頭をソフトに触ってきました。触られる度に私のペニスはビンビンになり、射精したいところを彼女に許してもらえず、根元をぎゅっと押さえられました。

 

そんな辛い体勢で四つん這いにさせられ、アナルにローションをたっぷり付けるとアナルに指を突っ込み、前立腺マッサージを行ってきたのです。ペニスの勃起と前立腺マッサージの両方の刺激であっという間に射精してしまいました。

 

「今度はドライだけでイッてみようね!」と、彼女にニコニコ笑われ、私の刺激的な一日は幕を閉じました。

MTBlog42c2BetaInner

2015年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリ